こんばんは!

昨日の夜中は三女のオムツからの尿臭でなかなか寝付けなかった母です

オムツ変えるより三女の睡眠を邪魔しないことに決めたんですがおかげで尿臭の中で寝るはめになりました( ´_ゝ`)

オムツでも就寝前はトイレに行かせようと思った

さて、今回は旦那の転職話です

個人的な考えと体験をフェイクとアレンジ入れてご紹介してます

他の方には参考にならないので100%人事としてみてください

↓これまでの話はこちら

お盆休み最終日で辞めようと思う発言

お盆ってタイミングも考えるもんなんかとちょっとアレなんですが、

私の中ではいろいろまた思うところがありました

一番の理由はチャレンジ、二番目が家族との時間

嬉しい半分、今かよが半分

今かよに関しては私なりの理由をざっくりまとめてご紹介

転職は逆に勧めてました、過去

旦那は体調崩す事なく出勤し続けてましたが

私はそばで見てて正直心配なレベル

何かあった時の証拠として(なるか分からんけど)旦那の出勤と帰宅時間を記録したりしてました

私自身も産後鬱とかまではいかなくても長女時代からキャパオーバーのワンオペ、ずっとしんどい

お互い倒れそう、虐待しそう

旦那が今の仕事にこだわりがなければ転職もありじゃないかと勧めたんですよ

発狂しながら転職してまえー!と言った事もあるし

真剣に言ったこともあるし、何度か勧めました

その即無理って言うのやめろ

なんで想像すらしてくれなんでしょうね

生活を守りたい気持ちももちろんあるんだろうけど

きっとみんなやってる、当たり前という思い込みで新しい意見が入らない

旦那を通して旦那の職環境がずっと変わらないのが分かります

皆一緒、当たり前って言葉キライ

多分、この職は昭和初期からずっと変わってないと個人的に思う

旦那も変わらないし私もこのままなのかと絶望しながら子供達といました

ずっと、ひたすら耐えるのみ

忘れぽいのもあるけど必死すぎて記憶ない部分もある育児生活でしたよ

暗黒時代が一区切り

年単位で私ずっと耐えてましたよ

ずっと自分の時間も身も精神も全て

今まで本当に長かったと思っていた所で旦那の辞める発言

その言葉、数年前に欲しかったのだが?

恨み言言いたくなりますが、応援はしています

でも正直、年々転職に賛成する気持ちは無くなってます

この時点で転園もできたし旦那の協力なくても家庭が成り立ちつつあるんですもん

子供達が今よりもっと成長して自立してきたら私的に転職に関心は無くなっていると思います

本当はもっと早くそういう気持ちになって行動してくれたら嬉しかった

でもこれが我が家のタイミングだったのかも( ´_ゝ`)

旦那もチャレンジ熱意があったのでその場で応援することに決めました

その後の過程で、私は旦那の同僚たちから

なんて理解ある奥さんだ!と噂されるらしいです

以上!旦那の転職話④でした!

【楽天room】

【LINEスタンプ】