お祈り大好きな父

こんにちは!

今日は私の父と宗教の話をします

 

興味ない方はスルーしてけださいね

  

 

 

 

ではいきます

父は私が生まれる前から熱心に宗教をしています。

何教かは興味がなさ過ぎて覚えていません

宗教に取り組んでいるのは家族で父のみ

ですが家族を巻き込んでやっていました

 

 

宗教は別に信じてもいいと思うんですけど

いろいろ付き合わされるのが面倒臭い

集会に誘われたり

私が小学生の時は必ず宗教の合宿参加させられたり

中でも凄く嫌だったのが

お祈り

お祈りといっても静かに手を合わせるだけでなく

宗教で決まった動作したりその宗教オリジナルの歌を歌わされます

だいたい一曲?一お祈りは5分ほどです。

このお祈りの何が苦痛って

父のさじ加減でやらされる

毎日やらされたり

一つのお祈りを何回も歌わされる

しっかり歌えなかったら一人で歌わされる(´・_・`)

 

 

基本的に大声出して歌うのが大好き?な父

お祈りで歌えるのが全然苦じゃないんです

でも家族全員付き合わせるのはどうかと思う

このお祈りの強制のせいで父の宗教大嫌いになったと言っても過言ではない

心の中でこの無駄な時間は何なんだ?と疑問と苛立ちでいっぱい。

関係ないですが他、嫌なこと。

父がほぼ必ず

屁をこく!

人に尻向けると出したくなるようです

下品‼︎٩( ᐛ )و

 

 

日々のお祈りはその時の気分によって回数や種類にムラがある父

お盆とお正月になると父のお祈り意欲がアップするみたいで

複数のお祈りを7回から10回ずつやらされます。

それは炎天下の墓参りの中でも

見逃せない年末特番があってもやらされる

お祈りって回数じゃなくて一回気持ちを込めてしたほうが良いのでは?

もう神様、教祖様のためというより

自分の気が済むまでやるという感じの父でした

私は凄くこの拘束される感じが嫌だったのですが

母と兄と弟は文句言わず付き合います

本人たちいわく

嫌がったところで辞めないでしょ?みたいな

もう養ってもらっている間は付き合わないとダメっぽい

 

 

そんなお祈り大好きな父が一度だけ歌うのをやめたお祈りがあります

ある日の年末

父が集会後に仕入れたと思われる新しいお祈り

お手本が録音されているラジカセを持って皆んなでやるぞ!とやる気満々

意気揚々と再生ボタンをスイッチオン!

そして不慣れだが宗教の歌をノリノリで歌う父

このお祈りを聞いた途端

私含め三兄弟で何かに気付く!

あれ?何か聞いたことある

え?

コレすっごい聞いたことある

お祈り中にお喋りしたら父に怒られるのですが

たまらず三兄弟でザワザワ…

ザワザワ

 

 

お祈りのお手本聞いて数十秒後

私、気づいたんです!!

 

一応言っておきますが、父の宗教はキリスト教ではありません(╹◡╹)

歌詞は全く違うんですが

メロディーがそのまんま!

 

 

この瞬間

早○田大学にこだわるくらいなんだから父はきっと頭のいい人なんだろうなって思ってたのが

 

あ、そうか!私の頭の悪さは父遺伝か!

と察しました(╹◡╹)

 

父が真剣な分

三兄弟たまらず大爆笑

父も流石に恥ずかしいと思ったのか

その後このお祈りは歌いませんでしたとさ。

 

まさかのオチがパクリ(OvO)

 

 

本当は笑ったらだめですね

宗教信じるのは個人の自由です

自由ですが

私の父のように家族や周囲の人の自由を奪うのは良くないですね!

以上!父の宗教についてでした!